お得情報

日経新聞の読み方 ガイド 大学生・新社会人編

日経新聞読み方ガイド

新聞は「深く読む」という事が大切ですよね。
頭では分かっていても、「なかなかじっくり読み込む時間がない!」
そんな忙しい方に、この記事では、日経新聞の効率の良い読み方について
ご紹介したいと思います。

<スポンサードリンク>



日経新聞の効率的な読み方とは?

新聞に載っている情報はもの凄い量ですよね。
時間のある時は隅から隅まで読み込むことが可能ですが、時間のない時は重要な箇所だけに目を通しましょう。
ではどの部分が重要な箇所なのでしょうか?
新聞の重要な箇所の見つけ方は新聞の構成パターンを知ることです。

日経新聞の構成パターン

日経新聞構成パターン
(引用元:日経4946)

この日経新聞の構成パターンを頭に入れておくことで新聞が読みやすくなりますよね。

新聞を全て読むのに抵抗があれば、まずは自分の興味のある分野を毎日読んでは如何でしょうか?
特に興味がある分野のない方におすすめの読み方は、やはり「大きなニュースを読む」事ですね。

記事の優先順位

①1面の記事…世の中の大きな記事が掲載されます。

1面の右上に掲載されている記事が日経新聞が一番注目している記事です。
日経新聞が掲載の際に重要視しているのは「経済への影響の大きさ」です。
この事からも、分かる様に日経新聞の1面に掲載されている内容は
「経済に影響を与える」という事です。

②3面の記事1面で取り上げた記事をさらに詳しく解説しています。

1面の記事に興味がわけばさらに、詳しく読み解く事が出来ます。

<スポンサードリンク>



奇数ページの記事を重点的に!

奇数のページ…大企業のニュース

偶数のページ…中小企業のニュース

日経新聞の1、3、5、7、9面の記事を読むことで全体像をイメージすることが出来ます。

記事を早く読むコツ!

記事を速く読み、理解するには少しコツが必要ですよね。
記事の内容が真実なのか?それとも記者の意見なのか?

「●●が~~~しそうだ。」  →予想・推測
「●●が~~~と発表した。」 →事実

文章の最後に着目することによって、記事を早く「読み解く」事が出来るようになります。

最後に

上記の事をふまえて日経新聞を読み解いてみては如何でしょうか?

日経新聞はこちらから

<スポンサードリンク>
PAGE TOP